FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓を棚にしました

これまで小さな棚や引出を増やして、どうにか買い溜めたリボンや副資材を収納してきましたが、そろそろ入りきらない物達がミシン周りに溢れ始めたので、とうとう思い切って新天地を開拓することにしました。
といっても狭い部屋で既に壁面は収納棚で埋まり、その棚と天井の隙間も満杯です。
そこで、今回目を付けたのは窓です。
私の部屋には南向きの掃き出し窓と、もう一つ東向きの腰高窓があります。
この東向きの窓の前にはミシン机があり、ミシンに陽が当たって劣化するのを防ぐため、常にカーテンを閉め切っています。
事実上窓としては死んでいるので、この際完全に塞いで壁厚収納もどにきしてしまおうという算段です。

まず、普段の状態↓
BEFORE
ごっちゃごちゃです。ひどいです。

窓に強力両面テープで梱包用のプチプチを貼ってから、木目の壁紙を貼った黒のプラスチックダンボールをはめ込みます。↓
作業中1
どうしようか悩みましたが、カーテンレールも外してしまいました。
ここまでやっちゃったらもう窓に戻す日は来ないよね……

木材を組み立てて棚を作ります。↓
作業中2
木材は1.2cm厚のMDF材をホームセンターでカットしてもらいました。
縦板:90×13 ×4枚
横板:55×13 ×8枚
   45.3×13 ×4枚
縦の板は、立っているだけです。
本当は上下の棚板をネジで固定して間を可変にしようと思ってたんですが、試しに立てて棚板を渡してみたらピッタリはまって倒れなくなったのでそのままにしました。

縦の板には電動ドリルで6mmの穴を4cm間隔で開けました。↓
作業中3
この穴に木ダボを刺して棚板の受けにします。

ダボ穴は板を貫通していて、左右の列で共有します。
段の高さが隣の列と互い違いになる時は短い木ダボを片方だけ出っ張るように差し、段の高さが同じになる場合は長いダボを両側に出っ張らせて使います。↓
作業中4

詰めてみました。↓
AFTER
まだ途中ですが、100均の木箱でリボンも上手く収まりました。
しかしこれ、DIYよりも整理整頓の方がずっと時間がかかってしんどいです。
あと必要なのは、もう少し捨てる勇気だなー(;´Д`)
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

茶太郎

Author:茶太郎
198×年生まれ
人形、金魚、もの作り、甘いものが大好きな♀
東京の端っこ(都心よりも山梨県の方が近い)在住

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleつぶやきsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。